「小さくても善いものを」近代日本文学館 夏の文学教室で振り返る文化学院

文化学院在籍時に、20年くらい前に講義を受講していた荒川洋治先生が講演をなさるので、近代日本文学館 夏の文学教室へ行きました。

1コマ目の赤坂真理先生は、今の文化学院の先生で、文化学院という視点から、西村伊作の生い立ちから大正という時代に迫るお話。

2コマ目の荒川洋治先生は室生犀星を中心に、現代詩という文学の成り立ちや、書評から読む、室生犀星という作家の視点のお話。

3コマ目の阿刀田高先生は、自身が幼い頃に触れた蕗谷虹児の本から、竹久夢二のお話や、夏目漱石芥川龍之介といった文豪のお話。

どのお話もふふっと笑えて、ときにシニカルで、とても楽しかったです。

赤坂真理先生「物語に人がついていくという視点から見れば、政治も経済もすべてが物語。だから人文学が必要」

荒川洋治先生「小説は経緯の説明、詩は行間の空想。だから良い詩には1行に崖があって読者をうまく突き放す」

阿刀田高先生「夏目漱石なんて小説はうまくないです。あんなものが教科書にあるからつまらない」

など、名言珍言だらけの文学教室。

入場者のほとんどが高齢層だけれど、中高生こそ連れて行ってあげたいなと。
あなたの学校の先生が言えないこと、言わないこと、教えることもできないこと、たくさん教えてくれる。

それは必ず「小さくても善いもの」を選ぶ大切な財産になるよ。

断言できるのは、わたしが荒川洋治先生を始めとした"文化学院だからこそ"いらっしゃった個性豊かな、

ときには自分のいる世界に喧嘩も売るような先生方に囲まれていたからです。

贅沢な学生時代だったと、過去を振り返り、久しぶりに時間を巻き戻したくなった。あの中庭のある学校で、また先生方の不思議な、素敵なお話を聞きたいな。

荒川洋治先生は、文化学院に復帰したそうです。

学長に頼み込んで聴講生として荒川洋治先生だけ、お話を聞きに行こうかしら?(笑)

マキコ先生、佐竹先生にお会いできました。午後をまるっと使うのでフリーランスなりの勇気が必要でしたが、まるっと使い切ってお釣りがあるくらい、素敵な時間を過ごせた!

来年、また荒川洋治先生に会いに行きたいです。今度は、お年頃な女の子でも連れて……(・∀・)

物販のニューヒロインいただきました!

先日の物販はノリと懐の深いお客様たちに助けられ、見事に私の中の売上目標を大幅に達成!

何より嬉しかったのは、お客様本人から「こうやって売ってくれるスタッフさんが欲しかった」と仰っていただけたこと。

あたたかいお客様たちでホッとしました。白い目で見られることを覚悟して、目立っていますから……。ああ見えて、実は不安もあるんですよ。

あの後、こっそりとバンド名でエゴサをしたら「物販にニューヒロインあらわる」とあったので、お借りしました(笑)

私は「売る」ことがあの場に立ってやるべき役割だから、なんだってやる。目立つし喋るし、うるさい(笑)もう、買ってくれるまでめちゃくちゃなこと言っても口説き落とします。

それができるのは、バンドのおかげなんです。

お客様が満足するらいぶをしてくれるから、私はオラオラオラオラ!とお客様の財布の中身をね(笑)アレできるわけですよ。

そして人間だから、どんどん売れたら楽しくなっちゃうの。すんごい楽しい物販を久しぶりにやらせていただきました。

ありがとうございました。

私は外部の人間なので、お目にかかれる時は限られるかもしれませんが、私が物販に立つときは、また大騒ぎして売りますから(笑)買ってね!

この経験を活かして、本業のライターでも日々精進してまいります。

これからも、私個人としては、まずはバンドをよろしくお願いしたい!

ま、少し空きがあれば、本業のライターの私もよろしくね!(笑)

趣味で、明日は裏方業だよ!

昔は音楽の世界に足の小指の先っちょを浸していました。

就活なんてしたことなくて、趣味とバンドの裏方不足を兼ねて手伝っていたら

打ち上げで事務所に来ないか?と誘われたからです。

拾ってくださった上司も昔の方だから

「やってみろ、責任は俺が取る」と、全部がぶっつけ本番で染み込ませていく教育でした。

その代わり、THE 師弟関係という形なので、首を掛けて守っていただいていました。

とても、あったかい師匠でした。

身体を壊して音楽の世界は引退した今も、理由はよくわかんないけど(笑)師匠が呼んでくださることがあります。

一周して、わたしもお父ちゃんと呼んでいるし、敬語が抜けるくらいに仲良しです。

そんなお父ちゃんから手伝って!と素敵なお誘いメールが届きました。だから、バンド側の裏方さんを一年ぶりくらいにやります。

「猫の手 貸します」

 

師匠には、師匠の人生を賭けて守ってもらったからこそ、本気を出したいのです。

物販に立つなら、やはり売らねばなりますまい。

とはいえ、バンドにいいライブをしてもらわない限り、売れるものも売れないですよ。

しょせん、物販スタッフがやれることなんて限られすぎている。

バンドはその重圧も、ファンの愛も全部背負ってがんばっているんですから、気合が入りますね!

たとえ、2度と会わないかもしれないお客様でも、全力で対応できる瞬間が来た!って気がします。

 

物販は、どうアプローチしたら目の前のお客様は笑ってくれるかな?楽しかった!と心から家に帰って、もう一度思い出してくれるかな?と

コミュニケーションを考えさせられる場所です。

昔は物販、大嫌いだったのに……。

師匠のところを出て、別のバンドさんと直接、ギャラをいただいてやった頃のお客様たちが、かわいくてかわいくて!

もう、みんなお客様が素敵な女の子たちで、それから気づいてしまいました。

物販、超楽しい(笑)

みんながライブ楽しかったー!って私に、真っ先に、キラキラの笑顔で伝えてくれるんですよ。

「実は不登校だったのだけれど、どうしてもライブに来たかったから親と話し合った」とか、すごくがんばってライブに来てくれたことを打ち明けてもらえたことも……。

目の前でかわいいお客様に伝えられて、ありがとうなんて言われたら、がんばっちゃう(笑)

そこを家庭の都合で抜けたときには、ラストの現場で、お手紙をくださったお客様もいました。

「あんころさんは、物販スタッフは誰でも変わらないと言っていたけど、違いますよ。あんころさん、いつもニコニコ笑っててくれた。だから気持ちよく帰れたんです」と書いてあって、涙が止まらなくなったことも覚えています。

伝わってたんだな、ニコニコしてあの子達を迎え、送りたかった気持ちが……。

そのお手紙たちは、今も大切にしています。

 

久しぶりの興奮と、少しの懐かしさに寝付けないまま書いてしまった。

明日、いいライブをしてくれると信じてーー。

私も、ベストを尽くします。待ってろよ、お父ちゃん!

"おんなのこ"は、松本隆さんが教えてくれた

男の子に好かれるように、キャピキャピして、わかんなぁいとか、だいたい嫌われるぶりっ子。

今日、テレビで松田聖子さんがぶりっ子の発祥の人であるように扱われていて、ちょっと私の昭和歌謡への何かが炸裂した。

「ぶりっ子」を定義したのは石野真子さんの振る舞いを、メディアがそう囃し立てたことに由来します。

そして、そのぶりっ子の定義に美しくハマり、世の老若男女を松本隆筒美京平松任谷由実(呉田軽穂)、他の名作家たちを駆使したのが、松田聖子さんだ。

アイドルが大好きなのは、"女の敵は女"と言われ続けても折れない強さ。

だから松浦亜弥さんがデビューしたときに、これはキタと思ったし、AKB48はずっとまゆゆ推している。

友達から、あの子は目が笑ってないから怖いと評されたけれど、まゆゆの魅力はそこじゃない。強さだ。

彼女の強さは卒業してからも報われて欲しいし、卒業するならば今まで我慢してきたことを全部叶えて幸せになってほしいなと願っている。

アイドルって偶像だから、その偶像を演じきれる度胸と根性とすべてを備えて初めて、アイドルなんだ。だから尊敬している。

某結婚騒動で巻き込まれ的になった声優で歌手のお方も、40過ぎてお姫様ドレスだけれど「世界一かわいいよ」を徹底している。

結婚云々も、どうか本人が一番幸せになってくださったらどちらでもいい。

 

こんな私も、中学生の頃は松田聖子さんも松浦亜弥さんも大嫌いだった。男に媚びて……。という僻み炸裂の嫌い方をした。

でも、マシューズベストヒットTVで聴いたマシューと聖子ちゃんの「瞳はダイアモンド」は、衝撃だった。

こんなにかわいい歌があるなんて!嫌いだったのにサビをすぐに覚えてしまい、歌いたくなった。

だから松田聖子さんのベストを親にねだった。

「相変わらず変な娘」で片付けて買ってくれたのが沼の始まり。

成人してすぐに少しだけ働いていた音楽関係の事務所で、大先輩のおじさまから

「あんこちゃん好きだろ?」と、松本隆さんのベストや筒美京平さんのベストを餌付けしていただいた。

 

もう、問答無用にかわいかった。何もかもが、かわいくて素晴らしかった。

こんな"アオハル"したかった!

 

高校生の想い出に何もない(病気で修学旅行も行っていない)私は、青春の記憶がライブハウスだ。

でも、聖子ちゃんの歌の中にはたくさんの青春があった。

我が身に起こってもいないのに、まるで大人になってから甘酸っぱい青春、卒業という大きな別れを、初体験させてもらう気分。

その一番のキッカケは、松本隆さんでした。

「女の子なんだから、かわいい方がいいじゃない」

なんの根拠もなく、そう思った。

それから、かわいいってなんだろう?男性に、ではなくて、人に好かれるってなんだろう?と思うようになった。

 

女性の独立が増えた今、こんなことは差別と言われるのかもしれない。

でも私は松本隆さんの歌詞で青春トリップをして、そのときに強く思った。

 

かわいくないより、かわいい方がいい。

醜いより、美しい方がいい。

嫌われるより好かれる方がいい。

 

だって男に媚びろなんて歌詞は、1曲もないんだから……。

ぶりっ子はムカつくかもしれないけれど、ぶりっ子を演じられる女の子は強い子。

その頂点に今、立っている松田聖子さん。

あの時代に、松本隆さんが歌詞を提供していなかったら、私は今もアイドルを忌み嫌っていたかもしれない。

かわいい方がいい!と思えずに、歪んでいたかもしれない。

私の青春は、松本隆さんが作ってくれた。

甘い初恋も、苦い失恋も、ヤキモチも何もかもが、松本隆さんの歌詞の世界でバーチャルリアリティみたいに体験したことだ。

最近、改めて注目を浴びているので、是非とも歌詞だけでも読んでみてほしい。

美しいことばが、たくさんある。

美しい恋愛が、失恋が、決意がたくさんある。

 

 でも気をつけてね。本気で歌いたくなるけど、我にかえると
「やばい!私は松田聖子さんじゃなかった!」
と、本気で落ち込むから……。



 

 



 

魔女になりたいの 絶対魔法のリンゴがほしいの

今週のお題「もしも魔法が使えたら」

 

「もしもピアノが弾けたなら」をBGMに、特技の妄想を働かせてみた。

私にもしも、魔法が使えたら……

我が家の猫様の寿命がきたら、苦しまず眠るように逝かせてあげて

私はその後、1秒で死ぬ魔法がいいな。

私はなんか、急性心筋梗塞的な即死で片付けてしまえばよい。

 

この子が家族に加わったのは、11年前。

お友達のお家で生まれた子猫で、家族に迎えてしまった。

猫の本をたくさん読んで、猫のお皿もハウスもキャリーも選んで

この子に相応しいかわいいものを、と思っていました。

ハウスに関しては、かわいいものだったんですけどね、お気に召さず、

寝るのは私のベッドになってしまって、数年前に泣く泣く捨てました……

そして猫様は今、11歳。

猫の命を考えると、長くてあと10年。

この10年に、私自身が本当に色々あったんです。

持病で長期入院したり、合併症で一時的に歩けなくなったり、夢を諦めたり、手術もしたり……

だから、よく家にいた。

家にいるとね、この子は私の母親であるつもりだから

隣に来るんです。私が見えるところでお昼寝をする。

 

ずーーーっと一緒にいて、

毎日、一緒に寝て、毎日会話してるから

「そのとき」が来ることは分かっていて

今から怯えています。

抱っこが好きな、膝の上も大好きな猫様だから、そのときは私の腕の中で……

そして、見送ったら私も後に続きたい。

 

私に魔法が使えたら、父を生き返らせたい。

代わりに私は命を終えて構わない。

母と父はたいそう仲良しでした。

まさか先立たれると思いもしなかった母だから、ひどく落ち込んでいた。

私に魔法が使えたら…私を引き換えに、父と母をこの世に留めたい。

あの2人なら、私がいなくても大丈夫だから。

父のやりたかったこと、母との約束を叶えて欲しい。

 

こんなとき、世界平和とか、恵まれない子供たちの〜とか綺麗なことが言えたらかっこいいのになー。